通うと多くのメリットがある!?ドローンスクールの役立つ雑学を幅広くご紹介

ドローンスクールに通うメリットには、基礎知識を網羅できることや知識や経験を多く持つプロから操縦技術を学べるなどがあります。しかし、ドローンスクールに通うメリットには民間資格を取得できて資格取得により飛行許可や認可が取りやすくなる、卒業後にはドローンの練習や機体のメンテナンスのサポート、卒業生同士の情報交換や関連企業による案件紹介などサポートも用意されているドローンスクールも少なくありません。また、技能証明講習を行っているドローンスクールは、国家試験の中で実地試験が免除される、このようなメリットもあります。

ドローンについての知識やスキルを学べるドローンスクール

ドローンは誰もが飛ばすことができる無人航空機として注目を集めている、誰もができるといった意味には免許がなくても良い点が含まれます。基本的に、人が集まる上空での飛行や特定地域で飛ばすことは航空法などの法律で禁止されているため、どのような場所なら使えるのか、このような知識と技術を身に付けることが大切です。ドローンスクールは、操縦士の人口が増えたことで技術を学べる場所として注目を集めていますが、ドローンスクールは知識やスキルを学べる場所で安全にかつ的確に操縦できるようになるメリットを持ちます。 また、ドローンスクールの授業内容は基礎レベルになるため、趣味などである程度の経験を持つ人はもちろん初めてドローンを扱う人も安心して学ぶことができます。ドローンスクールで学ぶことができるのは基礎(歴史や飛行原理)をはじめ、自然科学(気象・電磁波・風)や関連法制(国際条約・航空法・電波法)、運用方法(安全確保・禁止事項・注意点)や操縦技術(点検・整備・手動操縦)5つです。

ドローンスクールに通う人が多い授業内容

ドローンスクールに通うことで、基礎知識・自然科学・関連法制・運用方法・操縦技術といった5つの授業内容を網羅した形で学べるため、今まで一度も操縦したことがない人でも知識とスキルを身に付けることが可能です。ただ、ドローンを安全に操縦するためには操縦方法を学ぶだけでなく飛行原理や気象の影響、法律による規制などさまざまな内容が関係するため、ドローンスクールの中にはより専門的な知識および技術を身に付けることが可能なコースを用意しているところも少なくありません。例えば、空撮・測量・農薬散布・家屋点検・太陽光パネル点検など、各分野に特化した授業内容のコースもあります。 卒業の際に座学と実技試験にパスすると民間資格を取得できるドローンスクールもありますが、民間資格を取得するためには管理団体が運営している講習団地を利用しなければなりません。管理団体は、国土交通省航空局からの認定を受けているドローンスクールです。資格を取得すると仕事を探すときにも有利になるため、このようなスクールに通う人も多いといいます。

ドローンスクールは民間資格の取得も可能

ドローンの需要が高まっているため、操縦士の人口も増加傾向にあるといわれています。2020年には国家資格制度がスタートしたため今後も操縦人口の増加と需要は高まると予測されているようです。これは、ドローンをビジネスで利用するチャンスでもあるわけですが、仕事を獲得するためには自らの知識があることや操縦スキルなどを証明しなければ難しいといえます。その理由は、多くの人々が資格を取得して仕事を獲得しているなどが挙げられます。ドローンスクールの中には、卒業試験で合格点になったとき民間資格を取得できるところも少なくありません。 ドローンスクールの民間資格は、団体組織が発行するもので国家資格とは異なりますが、これを持っている人は知識や法律、そして操縦技術において一定レベルであることの証でもあり、仕事を受注するときや転職するときなど有利になります。そのため、ドローンスクールを選ぶときには資格取得ができるのか否かも確認しておくことをおすすめします。

ドローンスクールの授業内容は基礎レベルなので初心者に最適

これからドローンスクールを利用してドローンを操縦できるようになりたいと考えている方が多くいると思われます。趣味として使用されるだけでなく、ビジネスでも活用されるようになりました。現在は建設や警備、農業などで使用されていますが、IT技術がさらに向上すれば、もっと多くの分野で活用されるようになるのは間違いないです。今後に備えて、今のうちに操縦できるようになろうとするのは正しい判断です。 ドローンスクールは基礎レベルから分かりやすく指導しているので、初心者に適しています。テキストでの学習と、実際にドローンを動かして操縦スキルを身につけるための講習を用意しています。分からないことや気になることがあれば、気軽に講師に質問できるため、コミュニケーションが取りやすいことも魅力です。ドローンスクールも選択肢が増えてきているので、よく比較して自分に合ったところを選ぶことが重要になります。費用が安く抑えられても、ドローンを使えるようにならないのであれば意味がないです。

ドローンスクールに通うメリット①:プロから操縦技術を学ぶことができる

ドローンスクールを利用すれば操縦技術を身に付けることができる、これは独学では難しいメリットでドローンスクールの場合は技術や知識、そして多くの経験を持つプロからの指導で操縦スキルを学べます。基礎から学べるため、操縦スキルが上達しやすいといっても過言ではありません。資格取得を目的にしている人も多いかと思われますが、国土交通省認定スクールでは国家資格の対策や民間資格の取得を可能にしています。民間資格を取得すると、ドローンに関しての知識や操縦スキルを証明できるため転職のときなど有利です。最近では幅広い分野でドローンの実用化が行われている関係から、操縦士の需要のそのものが高まっています。需要の増加に伴いドローン操縦士も多くなっていて仕事を獲得するための競争も激しくなっている、これは今後も激化すると予測できます。資格を持つことで知識や操縦スキルが一定レベルに達していることを客観的に証明できるわけですから、雇用する側も安心して人材の確保ができるメリットに繋がって来ます。

ドローンスクールに通うメリット②:民間資格を取得できる

ドローンスクールを選ぶときに、国土交通省から認可を得ている登録機関を利用することでドローン資格を取得できるチャンスがあります。これは民間のドローン資格と国家資格の2種類がありますので、それぞれの違いを理解しておくことも大切です。2つの大きな違いは飛行許可申請の有無で、民間資格の場合は許可申請が必要になりますが、資格を持っていない人と比べると許可が下りやすいともいわれています。また、転職などでドローンを利用する業種にチャレンジするときも、履歴書の資格欄にドローンの文字が入っていることで有利になります。ちなみに、ドローンは無免許でも操縦は可能ですが申請するときに許可が下りないこともあるため取得しておいた方が良いといいます。なお、ドローンスクールの民間資格は卒業時の試験に合格することで取得できるもので、国土交通省から認可を得ている登録機関の中でも国家資格に特化した講習を受講すると実地試験が免除されるなどのメリットもあります。

ドローンスクールに通うメリット③:飛行許可や認可が取りやすい

ドローンスクールに通うとき、そのスクールが国土交通省認定の教習施設では民間資格を取得できるところや国家資格に向けての座学や実習を行っているところなど、資格取得に最適です。二つの大きな違いは、飛行ごとに申請が必要であるのか否かです。国家資格の2等ライセンスと現行の民間の資格は飛行可能な範囲に差がありませんが、民間の資格の場合レベル1~レベル3までの範囲では飛行のたびに国土交通省に対して申請を行って飛行許可が必要です。一方、2等ライセンスの場合、レベル1~レベル3の範囲内なら飛行許可申請は原則不要になるので、申請書類の作成や手続きなどにかかる時間および労力を削減できますし、申請が必要なケースでも審査は簡略化されるといいます。なお、民間資格は認定ドローンスクールを卒業するときの試験に合格することで取得が可能ですが、2等ライセンスの実地試験は免除になるものの学科試験を受けて合格する、健康診断での合格を以て取得できます。

ドローンスクールに通うメリット④:卒業後にサポートを受けられる

ドローンスクールの中には、卒業度にサポートを受けることができるところもあります。卒業してからもいろいろなことで利用できると安心ですし、ドローンの知識や技術を磨けるメリットもあります。主な卒業後のサポートには、ドローン飛行の練習やメンテナンス、関連会社による案件紹介や卒業生のコミュニティへの参加などがあるので、ドローンスクールを選ぶときにはどのような内容のものを受けられるかチェックしておきましょう。ドローンは操縦ミスや整備不良などにより墜落する可能性も存在しますので、安全にドローンを飛ばすためには操縦スキルはもちろん機体の構造や気象情報、法律などに関しての知識も幅広く必要になって来ます。安全飛行に関わる知識は非常に幅広く、独学で学ぶことは難しいといわれています。飛行場所は、法律が関係して来るので知識がない状態で飛ばすことはできません。ドローンスクールは、ドローンを操縦するときに必要な基礎知識やスキルをプロから学べるので、独学より楽に知識およびスキル向上に役立てることができます。

ドローンスクールに通うメリット⑤:法律やルールなど基礎知識を網羅できる

自動車の運転免許を取得する際に、教習所では道路交通法や道路運送車両法などといった遵守しなければならない法律についても一部学ぶことになります。これと同じように、ドローンの操縦技術を学んだり、資格を取得するために通うドローンスクールでは、機体の操縦方法だけでなく、法律やルールなどの基礎知識も学ぶことになります。小型無人機等飛行禁止法や航空法、電波法など、ドローンを使用する際に守らなければならない法律はたくさんあり、ドローンスクールの座学の講習で講師から説明を受けられます。法律による規制が存在するのは、ドローンを適切に操作してもらうことにより、地上の人や物の安全を守るためでもあります。ドローンスクールで学ぶのは、膨大な量の法令のうちの特に重要なものが中心です。学んだ内容は、資格を習得するために受験する学科試験でも出題される可能性があります。ドローンを適切に使用するためにも、スクールできちんと法律等の知識は習得しましょう。

東京 ドローンスクールに関する情報サイト
はじめてのドローンスクール

このサイトでは、ドローンの操縦技術や知識、航空法などの法律を基本から学ぶことができる学校に関する雑学を幅広くご紹介しています。室内練習場を持っている施設の場合、風が強い日や雨が降っているときでも技能練習ができますし、卒業後のサポートとして練習場の開放が行われているスクールを利用しておけばスキルアップにも効果的です。ここでは、ドローンスクールは授業料が比較的高めなことや選ぶときは各コースの受講時間を確認することについて解説していますので参考にされると良いでしょう。

Search