ドローンスクールは授業料が比較的高め

ドローンスクールは授業料が比較的高め

ドローンスクールに通うと知識やスキルを身に付けることができたり、国土交通省認定のドローンスクールを利用した際には卒業のときに試験に合格することで民間資格の取得を目指せるなどのさまざまなメリットがあります。ただ、ドローンスクールは授業料が比較的高めで授業内容は基礎レベルといったデメリット要素も存在します。コースおよび料金はドローンスクールにより異なりますが、一般的なコースの料金相場は20万円~30万円といわれています。 スクールを利用することで基本的な知識や技術を学べますが、これはあくまでも基本レベルになるので操縦士として活躍するためにはスキルアップが必須です。スキルアップは、業界での経験を積むことやドローンに関する勉強および操縦の練習などが必要不可欠です。なお、スクールを選ぶときには費用だけでなく、受講時間や機材や設備の充実度、通いやすいスクールの立地やコース内容および料金、講師の人数・レベルや体験コース・サポートの有無、業務利用に特化しているコースの有無などの確認が大切です。

ドローンスクールは費用以外にも選び方のポイントがある

ドローンスクールのコースは短期集中型が一般的ですが、1日で終了するものではないことから通いやすいスクールを選んでおけば負担も減ります。そのため、ドローンスクールを選ぶときには立地の確認や交通のルート、車を利用する人は駐車場の有無なども事前に調べておくと安心です。具体的に確認しておくと安心に繋がることは、自宅からスクールに通える範囲になっていること、ドローンスクールの開催日や時間に参加可能になるのか、この2つです。天候などにより開催日が延期になることも予測できるので、比較的通いやすい立地を選ぶことをおすすめします。 ドローンスクールには一定の講師が在籍していますが、講師の人数やレベルなどの条件によりスクールで学ぶことができる内容は変わるといいます。指導者と生徒の人数比率や指導者の活躍分野や実績など、これらは事前に確認しておきましょう。なお、比率の目安は、先生1人に対して生徒が4人です。活躍分野や実績は得られる知識や技術に関係して来るので、事前確認が大切などスクールを選ぶときには費用以外にも確認しておくべきことがあることが分かります。

東京 ドローンスクールに関する情報サイト
はじめてのドローンスクール

このサイトでは、ドローンの操縦技術や知識、航空法などの法律を基本から学ぶことができる学校に関する雑学を幅広くご紹介しています。室内練習場を持っている施設の場合、風が強い日や雨が降っているときでも技能練習ができますし、卒業後のサポートとして練習場の開放が行われているスクールを利用しておけばスキルアップにも効果的です。ここでは、ドローンスクールは授業料が比較的高めなことや選ぶときは各コースの受講時間を確認することについて解説していますので参考にされると良いでしょう。

Search