ドローンスクールを選ぶときは各コースの受講時間を確認

ドローンスクールを選ぶときは各コースの受講時間を確認

ドローンスクールは最短4日や5日など、比較的短期で完了するコースを用意しているようですが、4日間といっても座学と実地講習の時間配分などもしっかり確認しておくことが大切です。ドローンは人が集まるような場所は基本的に飛行することはできないといわれていますが、これは全ての空域ではなく中には申請許可を得ることで飛行が可能になり、空撮でイベントを撮影することもできるようになります。申請は民間資格を持っていることでスムーズに手続きが行われて許可を得るまでの時間短縮の効果もありますので、ドローンスクールを利用する際には資格取得が可能なところを選ぶと良いでしょう。なお、ドローンスクールを選ぶときコースの受講時間の確認を行うことも大切です。申請は飛行時間が10時間以上が条件になるのですが、ドローンスクールの受講時間が10時間未満の場合は申請ができないため、必ず実技講習の時間がどのくらいになっているのか入校する前に確認しておきましょう。

ドローンスクールは室内練習場があるところがおすすめ

ドローンスクールを選ぶとき、各コースの受講時間の確認が大切です。基本的に飛行許可は国土交通省に対して申請を行うもので、飛行時間が10時間以上の実績を持っていないと許可を取得できません。ドローン操縦士として仕事に就く場合は、国土交通省からの許可は必須です。ドローンパイロットとして働くのであれば、国土交通省からの許可は必須なので、受講時間の確認が欠かません。ドローンスクールの中には、民間資格は座学だけ3万円で取得できるといった形で集客する悪質な業者も存在します。安価な料金で集客しておいて、後から高額な費用を請求するケースもあるといわれているため注意が必要です。 ドローンスクールを比較するとき、施設内で使用可能な機材(ドローンの貸し出しの有無など)や設備の確認も大切です。機材や設備が充実している方がより多くのことを体験できますし、室内練習場があるドローンスクールなら雨天や強風など天候が悪いときでも飛行練習ができます。

東京 ドローンスクールに関する情報サイト
はじめてのドローンスクール

このサイトでは、ドローンの操縦技術や知識、航空法などの法律を基本から学ぶことができる学校に関する雑学を幅広くご紹介しています。室内練習場を持っている施設の場合、風が強い日や雨が降っているときでも技能練習ができますし、卒業後のサポートとして練習場の開放が行われているスクールを利用しておけばスキルアップにも効果的です。ここでは、ドローンスクールは授業料が比較的高めなことや選ぶときは各コースの受講時間を確認することについて解説していますので参考にされると良いでしょう。

Search